純金積立の販売会社比較

純金積立の特徴


純金積立は、積立形式で金を購入する方法です。

■純金積立はいくらからできる?
毎月3000円から積み立てが可能です。会社によっては1000円から可能なところもあります。
ボーナス時の増額やタイミングをみてスポット購入もできます。

■純金積立の販売は?
金取扱会社で主に販売しています。


■純金積立の手数料は?
年会費や販売手数料、金の保管方法は、会社によって異なるので、自分に合ったプラン
をじっくり検討しましょう。
販売手数料は、多くの会社が1000円につき25円など、販売手数料を設定していますが、
この手数料を年会費に含めているところもあります。

■スポット購入
純金積立を行っている際に、月々の定期的な購入のほかに、お好きな時に、臨時に追加購入することができる制度です。
余裕資金ができた時や価格が大きく下がった時などに利用するとよいでしょう。
 購入手数料が無料か、又は通常の積立よりも安い会社が多いようです。

■純金積立の保管方法は?
純金積立で貯めた金は、取り扱い会社がそのまま保管してくれます。保管料は年会費に
含まれます。保管方法は、取り扱い会社の金とは厳重に区別する「特定保管」と
顧客の金を運用する「消費寄託」の2種類があります。
特定保管」は、取り扱い会社が倒産した場合でも、顧客の金が守られるという利点があります。
消費寄託」は、運用益を金や商品などで受け取れるメリットはありますが、
取り扱い会社が倒産した場合は、最悪の場合、全額戻ってこない場合があります。
ですので、破綻の危険性の少ない、財務の健全な会社を選ぶことが重要です。

■純金積立の換金は?
預けている金はいつでも金地金で引き出すことができます。この場合は
バーチャージが発生しないのが特徴です。
小さな金地金の場合は、店頭よりも有利になるケースがあります。

また、積み立てた金は、時価で売却することも可能ですし、会社によっては、
金貨やジュエリーなど等価交換もできます。



次のページ⇒純金積立の販売会社比較