純金積立とプラチナ積立のメリット・よい点・魅力

プラチナ積立と純金積立の違い・相違点

現在金と並んでプラチナも注目を集めています。

プラチナも金と同じようにそのもの自体に価値があります。

では、プラチナと金はどのように違うのでしょうか。
プラチナは、金より希少で、その生産量は金のわずか、30分の1と言われています。
また、その9割近くが南アフリカとロシアを中心に産出されるのもプラチナの特徴です。



さらに、金は投資用、宝飾品用として、需要が多いのに対し、
プラチナは、その約6割が工業用です。主な用途は、自動車媒体が49%、
宝飾品が23%、ガラス、電器、化学、石油精製などがあります。
投資用のプラチナはわずか1%です。


そのため、プラチナは、景気の影響をもろに受けやすいというのも特徴です。
また、プラチナは、市場規模が金よりも小さく、価格変動が激しいという特徴があります。

ただ今後、経済が上向きになったときには、プラチナの需要が増え、プラチナ価格が
上昇する可能性もあります。




次のページ⇒プラチナ積立の販売会社比較