金ミニの呼び値と取引単位は?|金先物・金ミニ取引@比較ガイド

金先物・金ミニの呼び値と取引単位は?



金ミニでは、売買される最低数量は、金100gとなっています。
最低数量のことを「取引単位」といいます。

実際の取引では、この取引単位のことを「枚(まい)」といいます。

金先物(標準)の1枚は、1kg
金ミニの1枚は、100g

という具合です。


また「呼び値」は、金/金ミニともに1gです。
また、呼び値の価格の刻みは、金/金ミニともに、1円となっています。

呼び値とは・・・
商品取引所で決められる価格を約定価格といい、
この約定価格の対象となる数量単位を「呼び値」といいます。

呼び値の単位は、銘柄ごとに決められていて、金の場合は、1gあたりの価格が
表示価格となっています。

金1g 3000円であれば、

金先物は、1000g×3000円=300万円相当の取引
金ミニは、 100g×3000円=30万円相当の取引

となります。

金先物がはじめての方は、いきなり300万円相当の金額を取引することは
難しいと思います。まずは、金ミニの小額投資からはじめてみましょう。







おすすめ!

ドットコモディティ
 ドットコモディティ オススメ度★★★★★
ドットコモディティは、「楽天証券・松井証券が出資を受けて誕生した商品先物会社」です。安価な手数料で安心と商品取引会社にひけを取らない取引ツールが特徴!





〜私の「ヴィーナス」活用術〜
私は商品先物オンライントレード「Venus(ヴィーナス)」 で原油や金の値動きを毎日チェックしています。
すごく見やすいのでおすすめですよ。
株式や為替も、原油をはじめコモディティーの動きにかなり左右されています。
コモディティ・為替・株価の3つの動きを知ると、世界のお金の流れがより把握しやすくなります。