金先物・金ミニ取引@比較ガイド

コモディティー(商品先物)とは


様々な要因によって変動する農産物を始め、ガソリン、灯油、ゴム、砂糖などの商品価格を予測し、値上がり、値下がりによる差益を期待する取引です。


コモディティーの種類
◎経済産業省管轄の取引商品
金 銀 白金、パラジウム、アルミ、ニッケル、ゴム、原油、
ガオソリン、灯油、軽油、ゴム指数

◎農林水産省管轄の取引商品
大豆、小豆、トウモロコシ、コーヒー、粗糖、ブロイラー、鶏卵、
冷凍エビ、大豆ミール、生糸、農作物・飼育指数、コーヒー


コモディティー価格の変動要因
需要と供給の関係や国際情勢、為替取組状況、


相場動向など コモディティー必要な資金
取引総代金の5%〜10%の証拠金取引が必要になります。
証拠金は現金の他、株券などの有価証券を代用できます。


コモディティ取扱期間
商品によって、6カ月〜12カ月の取引期間があり、その間に売買を行います。


コモディティー利益と損失について
「売り」と「買い」のどちらからでも取引可能です。
値上がることで利益になる「買取引」 値下がることで利益になる「売取引」が可能です


「東京金、金ミニの比較」金ミニは、通常の10分の1の単位で取引ができるので初心者におすすめ!