金の二面性とは?|初心者の金投資の基礎比較ガイド

金の二面性とは? 〜金投資用語〜


金の二面性とは?
もともと金は装飾品として用いられて来た長い歴史かあり、
それは 紀元前5000年紀にまで遡るこ とができる。
その後、金は、通貨 としても利用されるようになった。
以来、金は二つの顔、すなわち「装 飾品としての顔」と「通貨としての 顔」
を持つことになった。
平和な時代には装飾品としての顔が前面に出ているが、
不安な時代になるとマネーとしての 顔が前面に出て来る。