過剰流動性とは|初心者の金投資の基礎比較ガイド

過剰流動性とは〜金投資の用語〜


過剰流動性とは
過度な金融緩和が行われ、実体経済の取引規模を上回って通貨が流通している状況をいいます。中央銀行は本来、通貨の供給量や金利水準などの適切な管理を通じて物価を
安定させることを重要な業務としいます。

しかし、経済状況やマネ ーの動向によって当初目的とは異なった金融政策を
取らざるを得ない事態に陥ることがあります。
その結果、過剰な資金が市場に供給され
それが、株式、債券等へ投資されてバブルを引き起こす場合があります。