金・金地金・コインの購入方法|初心者の金投資の基礎比較ガイド

金の現物の購入方法


現物の金は、3つの方法で販売されています。

1つは、一般にバーとも呼ばれる「金地金(きんじがね)」です。
いわいる金の延べ板で、重量に応じて種類があります。
本数ごとにバーチャージがかかります。500g以上はバーチャージは無料です。
金地金の詳細はこちら


2つ目は、「金貨」です。
記念コインとは異なる投資用の金貨です。各国の政府により発行
され、その価格は、金地金と同様、当日の金価格と連動しています。
金貨の詳細はこちら


3つ目は、「純金積立」です。
金地金や金貨のように金をその場で買う商品ではなく、
毎月一定額ずつ、積立購入する方法です。
一般的には毎月3000円から積立が可能なので、
無理なく始められるので、人気の投資法です。
積み立てた金は、
金地金やジュエリーなどと交換できます。


⇒純金積立に関しては純金積立・プラチナ積立比較ガイドをご覧ください。


これらの金は、主に、金地金商や、鉱山・製錬会社、あるいはその直営や特約店
となる飽食宝飾ショップなどで取り扱っています。


■地金商
田中貴金属工業 0120-43-5610
徳力本店      0120-438-191

■ 鉱山会社・製錬会社
三菱マテリアル  0120-45-3214
住友金属鉱山  0120-277-992
日鉱金属  0120-36-7581

■商社
三菱商事  0120-30-3755



次のページ⇒金ETFは低コストで柔軟な取引ができます。