ネット証券の口座開設方法|ETFで金投資 比較ガイド

金価格連動型上場投資信託 (証券コード 1328)の詳細


名称 金価格連動型上場投資信託 (略・金連動投信)
市場・コード 大証 1328
設定 2007年8月
最低購入金額 約3万円前後
購入単位 10口
投資対象 金価格連動目的発行有価証券
指数 金価格連動目的発行有価証券の金価格の連動を目指す
期限 無期限
分配 年1回
販売手数料 証券会社の現物取引の手数料
信託報酬 0.525%
特徴 金連動投信は、金そのものには投資を行っていません。
ロンドンの金かかくに連動した投資成果を目指す債券で運用されています。

 
■金価格連動型上場投資信託の特徴
金連動投信は、1g当たりの円表示の金価格(ロンドンにおけるロンドン渡し金価格に円換算為替レートを乗じて得た額を、1g当たりの価格に換算して算出)に連動する投資成果を目的として発行された有価証券に投資を行い、当該金価格に連動する投資成果を目指す追加型投資信託です。
金そのもには投資をしていません。

■金価格連動型上場投資信託のメリット
コスト効率がいい
金価格連動型上場投資信託関連の取引費用は、金現物を購入、保有、保護する費用よりも下回ることが期待されます。

透明性
金価格連動型上場投資信託はの価格、保有状況、基準価格、金地金の相場全体の市場データー
を毎日追跡できます。

柔軟性
金価格連動型上場投資信託は、大阪証券取引所に上場しているため、普通株と同様に取引ができます。金価格連動型上場投資信託は、証券取引所で営業取引時間中、時価で継続的に
売買できます。さらに、成行、指値、など多様な注文方法が利用できます。
また、金の価格に過熱感を感じたなら「売り」から入ることもできます。


■金価格連動型上場投資信託のリスク
価格変動リスク
金に全体にも言えることですが、金価格が下落すれば元本割れのリスクがあります。
逆に、金価格が上昇すれば、利益が得られます。

為替変動リスク
円高による金価格の下落リスクがあります。逆に円安はメリットになります。


金価格連動型上場投資信託の取引おすすめネット証券


楽天証券 【期間限定】大キャンペーン中 今がお得です。

無料資料請求ができます。


■関連ページ
金ETFをはじめる準備ーネット証券の口座開設の方法ー