ドルコスト平均法|初心者の金投資の基礎比較ガイド

ドルコスト平均法 〜金投資用語〜


ドルコスト平均法
価格が変動する金融商品を、長期 にわたって、定期的に、一定金額 で買い付ける投資手法のこと。

ドルコスト平均法では、価格が上がった時に は買い付け数量が減少し、
価格が 下がった時には買い付け数量が増加するため、
結果的に価格変動リスクを緩和することができ、
平均価格よりも低い金額 で対象商品を買い付けることがで きる。

金では、 純金積立でドルコスト平均法での運用が可能。