初心者の金投資の基礎@比較ガイド

金CFDには限月がある?


CFDで金取引ができる商品銘柄には、

・金スポット
・ミニ金スポット
・NY 金先物
・ミニNY 金先物

などがありますが、
スポット(CFD直物取引)には取引期限がありませんので、
自分が清算、もしくは強制ロスカットとならない限り、
ポジションを保有し続けることができます。

NY金先物のように先物取引に連動したCFD商品には、
それぞれ原商品の「限月」にあわせた決済期限が設けられています。


そのため、いったん取引に入ったら、収益が得られるまでののんびりとポジションを取り続ける
いわゆる「塩漬け」はできません。

(ポジションとは、買い・売りどちらでも、どちらかを持っている状態のことをいいます。)

限月」がくると、いったんは決済しなければなりませんので、
その点を考えて売買しなければなりません。

いいように解釈すれば、「塩漬け」とは、諦め・放置モードの投資法なので、
「限月」があることで、「塩漬け」をつくらないメリハリのある投資が
できそうですね