CMCマーケットジャパンの評判・口コミ|初心者の金投資の基礎@比較ガイド

CMCマーケットジャパンの評判・口コミ


CFDのパオニア!CMCマーケットジャパン

CMCマーケット・ジャパン CFDCMCマーケット・ジャパンは、08年4月に日本でCFDを開始。

世界で初めて個人投資家向けのCFDオンライン取引ソフトを開発した会社であり、世界のCFD業界においてはパイオニア的存在です。


母体であるCMCマーケット・グループは、89年に外国為替のマーケットメーカーとして英国で設立。2000年に英国でCFDを開始し、現在ではヨーロッパや北米、オーストラリア、アジアなどのさまざまな国々でサービスを提供しています。



世界中のさまざまな銘柄が取引できる



CMCマーケット・ジャパンの全銘柄数は3300以上で、
IGマーケッツ証券(旧FXオンライン)(5000銘柄以上)よりは少なめですが、種類の豊富さにかけて
は勝るとも劣りません。


商品銘柄を数多く取リそろえ!CMCマーケット・ジャパンの大きな魅力


金、プラチナ、原油、大豆、トウモロコシなど日本の商品先物取引でも売買できる銘柄だけでなく、綿花、オーツ麦、もみ米、リーンホッグ、ライブキャトル、ヒーティングオイル、天然ガスなど、おもに米国と英国で取引されている商品を中心に30銘柄を用意されています。
CMCマーケット・ジャパンの金CFD

指数CFDも!


指数CFDを例に挙げれば、ニューヨークダウ平均や日経225(日経平均)、
FTSE、DAXなど主要株式市場のインデックスに連動する銘柄はもちろんのこと、中国株が数多く上場する香港の株価指数や、韓国、シンガポール、インド、南アフリカの株価指数先物など、いわゆる新興国のインデックスに投資することもできます。


 また、香港市場の場合は、金融、商業、不動産、ユーティリティのセクター別インデックスに連動するCFD銘柄を用意するなど、きめの細かい銘柄ラインナップが特徴です

日本で売買不可能な個別株も!


 CMCマーケット・ジャパンでは、日本株が250銘柄、香港株273銘柄、英国株347銘柄、米国株547銘柄など、世界のおもな市場の代表的な銘柄も取り扱っています。
日本ではほとんど売買不可能なデンマーク、オランダ、フィンランド、エジフト、南アフリカなどの個別株を売買することもできます。

 
  

CMCのもうひとつの魅力はレバレッジ最大200倍


資金効率においてはレバレッジ最大200倍と、CFD業者の中では、群を抜いてCMCマーケット・ジャパンがよいです。ただし、レバレッジを効かせすぎて大損失を被らないように、注意もしなければなりません。


CMCマーケット・ジャパン手数料 金など商品は手数料無料!スプレッドのみ!


 気になる売買手数料は、個別株CFDの場合、日本株が約定金額の0.063%(最低630円)、米国株が0.1575%と市場ごとに決まっていますが、現物株以外の銘柄については、売買手数料は無料(スプレッドのみ)です。
外貨建ての場合は、両替する際のスプレッドも手数料となります。


 また、CMCのCFD取引□座の資金は、通貨ごとに管理されており、
米国個別株の利益は米ドル建て□座、日本個別株の利益は円建て□座という
ように振り分けて換算されます。もちろん、為替レートに基づき、
□座間で資金移動することも可能です。

cmc markets japanの特徴
海外の商品先物価格でCFD取引!

リアルタイムチャートあり!

取引手数料無料!手数料は、スプレッドのみ!

小額の資金で取引可能。最小取引単位は、1CFDから!

電話・チャット・メール等で24時間サポート!