金CFD(投資信託)の取引方法|初心者の金投資の基礎比較ガイド

金CFDの取引方法


金のCFDとは、FX(外国為替証拠金取引)の仕組みとほぼ同じで、
一定額を担保として、預け入れて売買する商品です。

大きな特徴は、投資対象が豊富でをはじめ、
株価指数、債券、商品(コモディティー)など、ほとんどの資産に投資が可能です。

もうひとつの特徴は、レバレッジが利用できることです。
手元資金を担保に10倍、20倍の取引ができ、
大きな利益を狙える半面、その逆もあります。

また、金のCFDは、カラ売りによって下落局面にも利益を狙うことが可能です。

積極的に売買をして差益を狙いたい方に向いています。



金のCFDに興味がある方はこちらへ
金CFD比較ガイドへ


次のページ⇒金鉱株ファンド(投資信託)を買うという方法もあります。